« パソコンメールの勉強 | トップページ | パソコンで年賀状を作る »

2008年10月11日 (土)

ワープロ検定とは

ワープロって、ワードプロセッサーの略。

まぎらわしいことに、ワープロには2つの意味がありますね。

1つ目は、機械としてのワープロ

今は、パソコンにとって変わられましたが、まだWindows3.1の頃(1993年)、ワープロと呼ばれる、シャープの書院や東芝のルポなどの文書作成用の機械が全盛でした。プリンターも内蔵して、イメージとしてはノートパソコンにプリンターが内臓されているような形。当時、私は東芝のルポとソニーのプロデュースを使っていました。ソニーのプロデュースは、2.5インチのフロッピーが珍しくて買った記憶があります。

(今でも持っていますが、動くかどうか?)

2つ目は、ワープロソフト。

パソコン用ソフトの分類で、日本語文書作成ソフトをワープロと呼びます。

代表的なものは、マイクロソフトのワードやジャストシステムの一太郎。

ワープロ検定は、パソコン用のワープロソフトを使って、制限時間内に何文字の文書が入力できるのかと出題された手書きの文書をパソコンで仕上げる試験のことです。

« パソコンメールの勉強 | トップページ | パソコンで年賀状を作る »

学問・資格」カテゴリの記事